メンズ

悪玉コレステロールを退治して健康な体を保つ|体づくりに必要な栄養

食品と肝機能

医薬品

悪玉コレステロールを減らすための食品にはいろいろなものがあります。そのひとつに野菜があります。特に、食物繊維が多く含まれている野菜には、悪玉コレステロールを減らす働きがあるものが多いのです。たとえば、にんにく、アボカド、きんかんなどが効き目の高い野菜です。こうした食品を積極的に食べることが重要です。また、食べると悪玉コレステロールが上昇してしまう食品もありますので、こうしたものはできるだけ控えめにすることも大切です。具体的にどのようなものがあるのかというと、飽和脂肪酸が含まれている食品です。たとえば、マーガリン、生クリーム、チョコレートなどです。こうした食品を食べ過ぎると悪玉コレステロールが増えるので注意が必要です。

コレステロールが高くなる原因というのは食べる食品が大きく関わっています。また、肝臓機能の低下もその要因になります。そのため、肝臓機能を低下させることなく、正常に機能させる食品を食べることも重要です。たとえば、そのような食品には魚介類があります。カキ、ホタテなどの魚介類にはタウリンが豊富に含まれています。タウリンは肝臓機能を正常化させる働きがあるのです。また、コレステロールの値が上昇するののを抑える働きも持っています。このように食品を通してコレステロールの値をコントロールするのは非常に効果的なものです。健康的な生活を送る上でも肝臓機能に効き目のある食品を食べて、悪玉コレステロールを減らす試みは大切です。